fc2ブログ

ローゼル発芽の様子1(続)

2012/04/06           ローゼル発芽の様子1(続)

本日の様子です。

      H24.4.6ローゼル発芽の様子1(続)(白55,白Ann80,ピンク69)@IMG_4895                 H24.4.6ローゼル低温障害(5%)@IMG_4898
ローゼル発芽の様子1(続)(白55,白Ann80,ピンク69)  ローゼル低温障害(5%)
写真左は、ローゼル発芽の様子です。
3月24日に種蒔きし、13日間が経過しました。
現在もばらばらと発芽中です。
現在の発芽率は、
  白花ローゼル・・・・・・・55%
  白花ローゼル(Ann)・・・80%
  ピンク花ローゼル・・・・・69% です。

写真右は、ローゼル低温障害の様子です。
写真左の双葉が茶色く変色しています。
発芽した164本中8本に障害の痕が見られます。
夜間の最低気温が2~5℃くらいなので、やむを得ないでしょうね。
4月下旬になれば最低気温も上がり、こんなこともなくなります。



. 
関連記事

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【ローゼル発芽の様子1(続)】

2012/04/06ローゼル発芽の様子1(続)本日の様子です。ローゼル発芽の様子1(続)(白55,白Ann80,ピンク69)ローゼル低温障害(5%)写真左は、ローゼル発芽の様子です。3月24日に種蒔きし、13日間が経しました。現在もばらばらと発芽中です。現在の発芽率は、白花ローゼル...

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

> マルコ様
コメントありがとうございます。

電熱線を地中に入れているので、最低地温は12~15℃以上確保できているのですが、地表面から1~2センチの気温は、霜が降りるような日は2~5℃になってしまいます。
このため、低温障害が出るのだと思います。
双葉が開いて数日経過したローゼルは変色しないのが多いのですが、地表面に芽が出たばかりのローゼルは障害を受け易いようです。
また、過去に強い霜が降りた日に、電熱線を入れていたにもかかわらず、高さ5センチ位に育った苗が凍死したこともあります。
これを予防するには、暖房を入れて最低気温を5~8℃以上確保するしかありません。

第2弾の種蒔きは、4月14日頃にしようと思っています。
発芽するのは20日頃ですので、大丈夫でしょう。

温室だけで無加温で種蒔き出来るのは、やはり4月の下旬頃になると思います。
5月1日以降に発芽するようにすれば、好い訳で・・・・・

No title

こんばんわー

低温障害とはいえ、やっぱり温室だと早いですね!
こちら、本日、少しだけですが霰が降りました!!!
まだまだ、種蒔き気分になれないよう気です
早く、あったかな日がつづくようになってくれないかな
種蒔きは、それからになりそうです!(笑)
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます。                現在の閲覧者数累計は
記事投稿日カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新コメント
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ