fc2ブログ

イチゴ移植

2020/11/28      イチゴ移植


    R2.11.28イチゴ苗の様子@IMG_1932
    イチゴ苗の様子
写真は、イチゴ苗の様子です。
今年は、7月11日にイチゴ苗を移植し、大苗にしてから再移植しようと目論んでいましたが・・・・・
8月に雨が全く降らない日が続き、8~9月上旬の田んぼの出穂時期とも重なったため、イチゴ苗を植えていた畑の水圧が上がらず、ほとんど水がかけれなかったため、イチゴ苗はほぼ全滅してしまいました。

ここは、親株からランナーで繋がった苗なので、何とか生き延びてくれたようです。
ここから孫苗を採って、移植します。
イチゴ苗移植後も苗が沢山残っているので、このまま残し、来年の5月に実を収穫してから、廃棄します。



    R2.11.28イチゴ移植(328P)@IMG_1929 R2.11.28イチゴ移植@IMG_1931
    イチゴ移植(328P)
写真は、イチゴ移植後の様子です。
4畝・8列で合計328株分のイチゴ苗を移植しました。

イチゴ苗が小さいので、後日寒風避けの不織布を被せます。



.    
関連記事

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

> 飛花ぽん様
こんばんは~♪

>親苗の居る苗床にも、実は生りますよね。
2年目の苗に生る実は、5~6割くらいです。
親株が枯れた所には、随時補植をします。
3年目になると、2~3割くらいの収穫量になります。
理由は、追肥が満足にできないからかな。
それと、2年目以降は、病気も出易くなるので、3年目には、新しい場所に植え直すのが好いですね。

No title

あ、やっぱりそれでいいんですよね。

わいわいさん♪

親苗の居る苗床にも、実は生りますよね。
勿体ないし、場所も別に空けなくて良かったので
収穫出来たらいいなと、残しているんです。

わいわいさんのように、広くはないですけれどね。
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます。                現在の閲覧者数累計は
記事投稿日カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ