fc2ブログ

紫トマト・ピーマン型トマト定植、トマトPH測定

8/14            紫トマトピーマン型トマト定植、トマトPH測定

本日、トマトを定植しました。

      H22.8.14紫トマト・ピーマン型トマト定植@IMG_2008
     紫トマトピーマン型トマト定植
写真は、紫トマトピーマン型トマトを定植した後の様子です。
秋の長雨対策として少し畝を高くしました。
その後、雑草対策に黒マルチで畝全体を覆いました。

写真左側の畝に紫トマトを10株定植しました。
定植間隔は、縦80センチにしました。

写真右の畝には、ピーマン型トマトを9株定植しました。
定植間隔は、縦80センチにしました。

その後、高さ60センチの支柱を立てて、軽く固定しました。
将来的には、成長の様子を見ながら、茎をネットを使って集団で支えるか、又は、紐で棚に固定する予定です。
収穫は、10~11月の予定です。
昨年は、10月に大型台風18号の直撃を受け、収穫間近でほぼ壊滅状態になったので・・・・・
今年は、リベンジしたいですね。


      H22.8.14トマトPH測定(PH6.2)@IMG_2003 - コピー       H22.8.14トマトPH測定(PH6.2)@IMG_2002
      トマトPH測定(PH6.2)      トマトPH測定(PH6.2)拡大
写真は、トマトの定植場所のPH測定をしたところです。
PHは、6.2でした。


=参考=
トマトの適正PHは、6.0~6.5です。
  

関連記事

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます 

> マルコ様
コメントありがとうございます。

> 挿し木トマトにも、未来がありそうに思えてきました!!(笑)
少し、気を入れて、育ててみようかな!

トマトは夏が主流ですが、秋から霜が降りる12月までも収穫が可能ですよ~~~
ただ、温度が低くなるので熟するのに時間がかかって効率が悪いし、冬野菜の関係で作る人は少ないですね・・・
私は、サラダ用なので珍しい物を少量だけですが・・・(笑)

> ストロベリー・トマト、随分前に花がさきましたが、その後、株は大きくなっても実がつきません~(トホホ~)
身長は、一メートルを超える勢いなのですが~
花も一株に二つくらいしか咲きませんでしたが、何か、変ですよね~

ストロベリー・トマトは、現在成長途中だと思いますね~~~
夏の間は高温のため、花が咲いても実が付かないので、小休止という感じ・・・秋になれば、花が沢山咲いて実ができると思いますよ~~~

> もしかしたら、すでに期待薄のゾーンに入ってしまったのかと、あ~あです!!
まだまだこれからですね・・・霜が降りて枯れるまで・・・先が長いです。
秋冬野菜の場所を占領して・・・悪い子ですね~~(笑)

No title

トマトのわき芽を挿し木して、プランターで育てていますが、今回のトマトの定植記事を読ませていただくと、挿し木トマトにも、未来がありそうに思えてきました!!(笑)
少し、気を入れて、育ててみようかな!
ストロベリー・トマト、随分前に花がさきましたが、その後、株は大きくなっても実がつきません~(トホホ~)
身長は、一メートルを超える勢いなのですが~
花も一株に二つくらいしか咲きませんでしたが、何か、変ですよね~
秋・冬野菜の準備もあって、どうしたものか、もしかしたら、すでに期待薄のゾーンに入ってしまったのかと、あ~あです!!
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます。                現在の閲覧者数累計は
記事投稿日カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ