fc2ブログ

2010年世界農林業センサス

1/30      2010年世界農林業センサス農林業経営体調査

1月30日、地区の農業委員の方が、2010年世界農林業センサス農林業経営体調査の調査票を持ってきた。
平成22年2月1日現在で、調査を実施するそうです。

「農林業センサス」とは、我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域の実態を明らかにすることを目的に5年ごとに実施している「農林業に関する国勢調査」ともいうべき大切な調査です。(農林水産省)

「農林業経営体調査」の対象は、
・ 全国の農林業経営体を対象として行われる。
・ 農林業経営体とは、
  1 農産物の生産を行っていたり、委託を受けて農林業作業を行っている。
  2 生産又は作業にかかる面積・頭数が一定規模以上の
農林業作業を行っている個人、組織、法人などをいいます。

これでは、分かりにくいので・・・・具体的には・・・
  経営耕地面積が30アール以上又は、1年間の農産物販売金額が50万円以上
    ・・・・・が該当するようです。  
 
主な調査事項は、
 1 世帯員の構成と就業状況
 2 農地・山林の所有と利用状況
 3 農林産物の生産・販売の状況 ・・・など・・・調査票は、12ページです。

         H22.1.31  2010年世界農林業センサス(農林業経営体調査)2010.2.1 @066
      2010年世界農林業センサス(農林業経営体調査)

調査のパンフレットを読むと・・・・・
1985→2005の過去20年間で、
   販売農家数は、約4割減の約196万戸に減少(2005)
   農業就業人口は、約4割減の約335万人に減少(2005)
1戸あたりの経営耕地面積は、都府県では、1.2倍の1.3ha.に増加
                (北海道では1.8倍の18.6haに増加)

調査結果は、次のようなところで利用されています。
◎ 国では、農林行政の企画・立案はもとより、中・長期的な国土利用計画や経済
計画の策定、地方交付税の算出のための基礎資料として利用されます。
◎ 地域では、都道府県や市町村が国の事業や独自の農林業施策を地域の実情に
応じてきめ細かく推進するために利用されます。

今回の調査結果がどのように出るか・・・・気に掛かりますね・・・


.
関連記事

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

> coco 様
コメントありがとうございます。

いよいよ専業という時に・・・・・
突然・・・・・大役が降ってくる・・・・・

結果は、近々報告します。

いよいよ・・

今年は、いよいよ専業ですよね~。
でも、いままでも専業といえるほどですよね~。
急に頑張り過ぎないようにですよ~。
まずは、奥さん孝行から??? あはは・・。

わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます。                現在の閲覧者数累計は
記事投稿日カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ